医療脱毛と日焼けの関係

日焼けで肌がとても黒い人は医療脱毛を受けることができません。医療レーザーは、黒い色に反応して熱を発生させる特別な周波数の光を出しています。

そのため、肌の色が極端に黒い人は肌の細胞自体が熱で焼かれてしまうのでとても危険で、脱毛を断られることが多いのです。

タトゥーが入っているところも、同じ理由で脱毛できません。マスキングをして隠せる範囲ならば脱毛できることもありますが、その対応はサロンによって違います。

夏に海で真っ黒に日焼けしたあとや、部活で日に焼けたあとは肌の色が落ち着くまで待ってから脱毛することになります。

どの程度の黒さで医療レーザーを当てられないのかはサロンでカウンセリングを受けて判断してもらうことになります。

医療脱毛とエステの脱毛の違い

医療脱毛はクリニックなど医療機関だけに許されている高いパワーを持った機械を使います。

そのため、一回の照射で確実に毛根にダメージを与えることができるので、エステの脱毛に比べて毛の再生がほとんどなく、少ない回数で脱毛が完了するというメリットがあります。

対するエステでの脱毛は、パワーこそ弱く、全身脱毛では3年ほど通う必要がありますが、全国展開するエステが多いので通院の利便性が良いというメリットがあります。

皮膚に疾患があったり、アトピー性皮膚炎などで皮膚の状態が安定しなかったりする人は、医療機関であるクリニックで脱毛を受けると安心ですね。


【新着】
肩こりがひどくなると
慢性的な肩こりがひどくなると、頭痛やめまいなど、体のあらゆる部分に不調が起こりやすくなります。 こ...
リンパマッサージの方法
リンパマッサージというと、リンパ節をぐりぐりと指で押してつまりを解消してあげたり、肩もみのように力...
むくみ解消はリンパマッサージで脂肪燃焼
ダイエットを頑張っているけれど、スタイルが痩せてきたように感じないという方もいらっしゃるのではない...
背中のニキビ痕もきれいになるかも
背中のニキビに気付かず放置してしまうと色素沈着してニキビ痕が残ってしまうこともあります。 そんなニ...
生活保護とは
多くの理由によって働くことが出来ない、雇用保険や年金などの公的制度の利用が困難、生活を支えてくれる家...

page top